2010年10月28日

風来のシレン5の新キャラ、タオへの中国ゲーマーの感想

10月28日13時16分配信 - お茶妖精

ただいま中国語を勉強中! というわけで、↑このキャラを中国人はどう思ってるのか探してみました。 ・今回のヒロインは可愛いな。 ・このロリっぽさに満ちた世界に絶望した! ・柔らかそうな女の子だな。体の関節的な意味で。 ・中国語の名前にしてくれて... [ 記事全文 ]

2010年10月26日

海外ゲーマーの疑問「日本のRPGは主人公が部屋で目覚めるシーンから始まるけどなぜ?」

10月26日0時35分配信 - お茶妖精

・クロノトリガーとかマザー2とか。主人公が男にしろ女にしろ自分の家のベッドで目覚めるシーンで始まるゲームが多いけどなんで? ・そんなに多くないだろ?FF8は主人公が大敗するシーンが始まりだし、ペルソナ3は学生寮に着くシーン、スターオーシャン1と2もそう... [ 記事全文 ]

2010年10月25日

海外アニメファンの疑問「ドリルみたいな髪型って実在するの?」

10月25日0時20分配信 - お茶妖精

・アニメや漫画のキャラじゃなくて現実にあるの?写真あったら見せて。 ・ないない。 ・長い巻き毛かドレッドロックが近いんじゃない? ・ビクトリア朝の頃には似た髪形があった。 ・ハシディーム派ユダヤ人のやつが似てる。 ・↑あー!大学の友達が... [ 記事全文 ]

2010年10月23日

海外ゲーマーが語る「日本RPGの変な武器について語ろう」

10月23日17時33分配信 - お茶妖精

・テイルズオブシンフォニアのジーニアスが持ってた玉つきの棒。 あとはエターナルアルカディアのヴァイス。あれはトンファーに似てるが潜在的に自殺の危険をはらんでる ビーチボールを使うワッカは言うまでもない。 ・↑ワッカのはブリッツボールだ!ビーチボール... [ 記事全文 ]

2010年10月20日

海外ゲーマーが語る「日本のゲーム雑誌はどう?」

10月20日12時34分配信 - お茶妖精

・日本に住んでるアメリカ人に聞きたいんだけど、こっちのゲーム雑誌が懐かしくならない?「Electronic Gaming Magazine」とか「GamePro」とか「GameInformer」とか。 ・全然懐かしくならないよ。PS2には最近触ってないし、日本のファミ痛は全てのゲーム雑誌の母だと思... [ 記事全文 ]

2010年10月19日

海外特撮ファンが語る「特撮モノにありがちな法則」

10月19日17時17分配信 - お茶妖精

1.赤色メンバーは確実にリーダー。リーダーでなくても重要人物。 2.白、黒、緑は男性。ピンクは女性。他のカラーは状況による。 3−1.6番目のメンバーが加入する場合、最終章で死ぬ確率が高い。彼が遺言書を書いたか確かめよう。 3ー2.6番目のメンバーは... [ 記事全文 ]

2010年10月18日

海外アニメファンの疑問「お腹がグーと鳴るテンプレについて」

10月18日14時30分配信 - お茶妖精

・他に気付いてる人がいるか知らないが、どのアニメにも必ずお腹が鳴って恥ずかしがるキャラがいるよね。そして明日が来ないかのように食べまくる。アニメのキャラは飢えてなきゃいけない決まりでもあるの? ・あー、清楚な女性キャラによく起きるよね。もしくはただ手に... [ 記事全文 ]

2010年10月16日

海外ゲームサイトより「ゲームにおける最も無駄なアイテム」

10月16日11時37分配信 - お茶妖精

洋ゲーは省略します。 第17位 ビンの蜂(ゼルダの伝説:神々のトライフォース) ゲームの経験者は妖精や薬をビンに何度も入れただろうが、あの蜂を入れたとは思えない。妖精ならライフを回復してくれるが、蜂はたた飛び回るだけ。敵を攻撃する事もあるが、しなかっ... [ 記事全文 ]

2010年10月14日

海外アニメファンの疑問「犬夜叉のヒロイン(かごめ)はなぜ嫌われてるの?」

10月14日15時48分配信 - お茶妖精

・性格が悪いのか、桔梗の方が人気あるだけなのか。ずばり理由は? ・私は嫌いじゃないし良い子だと思うけど、たびたび誘拐されるのがイライラする。救助を期待せず、自衛する事を学んでほしい。あんたは誘拐されすぎ。 ・犬夜叉に「おすわり」させすぎ。必要ない時ま... [ 記事全文 ]

2010年10月13日

海外アニメファンの疑問「アニメに邪悪な仏教徒はいないの?」

10月13日14時00分配信 - お茶妖精

・悪の宗教組織がアニメに出る時って西洋の某宗教がほとんどで、仏教徒が悪役になる事ってないじゃん。あれは仏教に敬意を払ってるのか、単に仏教徒に強いイメージがないだけなのか、どっち? ・「るろうに剣心」で左之助に必殺技を教えた人は狂った僧侶だった。養ってた... [ 記事全文 ]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。