2010年10月30日

「助けて!私たちは抑圧されてる! 」と示されたグラフが話題に

10月30日21時33分配信 - らばQ - 海外の反応

世界にはいろいろな宗教がありますが、実際いちばん人口が多いのがキリスト教徒です。世界で21億人、約3分の1を占めています。(参照) そして人口の4分の3がキリスト教徒と言うアメリカの円グラフが、話題に上っていました。 [ 記事全文 ]

2010年10月29日

ああ、ダビデ像が大変なことに…オリンピック委員会のプロモーションが話題を呼ぶ

10月29日11時14分配信 - らばQ - 海外の反応

運動は足りていますか?体を動かしていますか? 運動量が少ないと太ってしまうことを強調した、ドイツのオリンピック委員会のプレス広告が、インパクト絶大だと話題になっていました。 [ 記事全文 ]

2010年10月28日

斬新すぎる…こんな簡単にバットマンを作る方法があったなんて

10月28日11時57分配信 - らばQ - 海外の反応

絵を書いたり、コスチュームを着たりと、いろんなキャラクター作りの方法がありますが、バットマンを簡単に作る斬新な方法が話題を呼んでいました。 こんな方法があったのかとうなってしまう、オリジナリティあふれる出来栄えをご覧下さい。 [ 記事全文 ]

2010年10月27日

経済危機のアイスランドが目指す「言論の自由」ビジネスとは?

10月27日21時02分配信 - らばQ - 海外の反応

アメリカのサブプライムローン問題に端を発した世界金融危機ですが、なかでもアイスランドは国家が破産寸前になるほど深刻な経済危機に陥りました。 金融危機以前は漁業から金融業への転換に成功したと思われていましたが、危機後は銀行が次々に破綻し国有化されるなど... [ 記事全文 ]

2010年10月25日

「フランスが危ない!」と話題になっていた欧州縦断の公道ラリー「ガムボール3000」

10月25日22時01分配信 - らばQ - 海外の反応

ガムボール3000と呼ばれる国際公道ラリーがあります。もともと裕福な車好きの富豪たちが始めたもので、ヨーロッパを中心に3000マイル(約5000km)の距離を高級車で競い合うセレブのゲームです。 アメリカ大陸を横断するキャノンボールの欧州版と言えばピンと来る人も多... [ 記事全文 ]

2010年10月24日

「日本のビール缶がすごい!」アメリカ人が衝撃を受けた工夫とは

10月24日13時38分配信 - らばQ - 海外の反応

欧米のお菓子などを開けようとすると、たまに切り口が付いていないことがあります。 ハサミを使って開ければ良いことなので大した問題ではないかもしれませんが、日本の商品に慣れていると少し不便に感じてしまいます。 そんな中、日本のビール缶のテクノロジーは優れ... [ 記事全文 ]

2010年10月22日

「悪い警官の話ばかりを見るので、良い警官がいる話を書きたかった…」という人気を集めていたエピソード

10月22日12時13分配信 - らばQ - 海外の反応

ある小さなエピソードが、海外サイトで紹介されていました。 僕のバックグラウンドを話すと、平日は毎日駅まで3キロ歩くため、朝5時35分に家を出ます。雨の日も晴れの日も雪の日もです。いつも外は暗くて普段は懐中電灯を持って音楽を聞きながら歩いています。 [ 記事全文 ]

2010年10月21日

白血病の子どもが描いた絵を売って治療費に…瞬く間に売り切れる

10月21日12時06分配信 - らばQ - 海外の反応

医療崩壊が叫ばれるアメリカでは、医療保険に入ることの出来ない人がたくさんいます。 適用できても例外があり、すぐに治療費の対象から外れてまともな治療が受けられなくなるケースも少なくありません。 そんな中、海外掲示板に 「また、アメリカの医療保険危機…... [ 記事全文 ]

2010年10月20日

英紙「日本という国を過小評価していないか」アメリカも中国も到底かなわないと取り上げ話題に

10月20日10時25分配信 - らばQ - 海外の反応

イギリス・ガーディアン紙が「日本という国をたいそう間違って認識していないか」という記事をとりあげ、海外掲示板で盛り上がりを見せています。 並べられていた事実というのが… 「失業率5%、給与の格差最小、全員に医療保険、平均寿命最高、新生児死亡率最低、高い... [ 記事全文 ]

2010年10月19日

「もうちょっとで家族を殺すところだった」と話題を集めていた写真

10月19日12時14分配信 - らばQ - 海外の反応

読み書きの能力を身につけても、私たちは目に入る活字を全て読んでいるわけではありません。 製品などに書かれた細かい文字は飛ばして、ラベルの色やロゴ、製品の形や容器の形状のみで判断することもあります。 そんな風にうっかり容器を取り違え家族を殺しかけた... [ 記事全文 ]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。